加齢による顔のたるみを解消してアップするために、顔を意識して取り回すことが大切です。
はげしい運動をする必要ありません。
顔はちょこっと意識して動かすだけでもアップ効果が得られます。
顔のアップをするには、顔の耳の前あたりにいる側頭筋を強めると効果的です。
こういう筋肉が衰えてくると、皮膚の重みなどによって下へひきつることになり顔がたるんできます。
側頭筋はこめかみを移す結果引き上げることができます。
側頭筋を引き上げれば、頬や目の周りの筋肉なども一緒に引っ張り褒めちぎることができて、たるみを解消して目元もぱっちりと解くことができます。
毎日ほんのちょっと意識して行なうだけでアップこなせる方法として「顔ヨガ」を紹介します。

<顔ヨガの方法>
1.右手を高所から回して左のこめかみ(左耳の前あたり)に置いて斜め上へ引き上げます。
顔はかたむけずに真正面を見た状態で行います。
こめかみをゆっくりと斜め上へと引き上げながら、目尻があがって、ほうれい線の去るところを探します。
鏡を見ながらほうれい線の切れる位置を確認するといいでしょう。

2.位置が決まったら手をこめかみに置いて斜め上へと引き上げて掛かるときのまま、頭をゆっくりと右へ倒します。
首筋を伸ばしてストレッチを行います。
こういうとき肩が上がってしまわないように注意してください。

3.次に頭を亡ぼしたままの状態で舌を付け根部分から思い切って伸ばします。
舌を顔を傾けていらっしゃる方向へ伸ばしながら、息を吐いて下さい。
舌を伸ばしたときのまま、そのまま息を鼻から吸い口から吐くのを3回くらい繰り返します。

4.舌を戻して、顔や手も戻してリラックスさせます。
次にバックも同じようにください。

毎日これを立ち向かうだけでアップ効果が出てくると思います。
それぞれの顔の形や指を当てる場所などによって効果に差がでてきます。
どこに割振ると効果がでやすいのかを考えながら行っていくといいでしょう。

定期的に鏡で自分の顔を確認してみてください。
口角の上がり具合とか、目尻の位置、ほうれい線の角度など左右の顔のバランスがおかしくありませんか。
左右を比較して下がっているとおもう方をちょっぴり多めにストレッチすることで、左右均等へと導くことができます。http://www.parkfestivalcoevorden.nl/