妊娠時折赤ちゃんの為にも、又お母さん自身のためにも、召し上がるもの、呑むものには気をつけたいものですね。妊婦さんは何だかんだ考えて食事をされていると思いますが、何を食べた方が良いのか、食べない方が良いのか、考えてみましょう。

取り敢えず、どういったものを積極的に摂った方がいいでしょうか。

●緑黄色野菜・・各種ビタミンやミネラルが豊富な結果知られています。赤ちゃんに必要な葉酸も数多く含まれていますので、積極的に摂りましょう。サラダのように生で取るよりは汁ごと栄養分が取り込める、お鍋やスープに限るですよ。

●大豆製品・・たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富なので、どっさり摂りたいものです。具沢山の味噌汁なら栄養も満点だ。味噌汁はどんな人でもワンデイ一杯は飲んだ方が良いとされていますので、インスタント味噌汁でも構わないので、飲み込むようにしましょう。豆腐ものど越しが良いので、食欲がない時にも食べられますよね。

●乳製品・・カルシウムが豊富ですから、赤ちゃんの歯や骨につき、そして母親自身のためにも積極的に摂る必要があります。ヨーグルトならカルシウムだけでなく乳酸菌も入っていて整腸効果もありますから、便秘にならずに済みますね。(ただしヨーグルトはビタミン等をわざと加えていない、普通のタイプがおすすめです)

逆に摂らない方が良いものはどういうものでしょうか。

●カフェインの入ったもの・・カフェインは妊婦さんなら一年中の限度が200mgから300mgと言われています。摂りすぎると、胎児の発育が悪くなるのです。一年中2杯くらいのコーヒーなら大丈夫とされていますが、気を付けるに越したことはありませんね。

●アルコール類・・妊娠したらアルコール類は駄目。お母さんがアルコールを摂ると、それが胎児にも届いてしまう。それは胎児の脳に障害をもたらすこともあります。妊娠を計画しておる段階からアルコールはやめた方がいいかもしれません。

●魚類・・魚には水銀が蓄積されて掛かる魚があるので、そんな魚は要注意です。水銀が蓄積されていない魚を選んで食べたほうが安心です。安心な魚は、キハダマグロ、ビンチョウウマグロ、鮭、アジ、サバ、カツオ、鯛、ブリ、サンマだ。(マグロもクロマグロには水銀が蓄積されているので要注意です。)

●生肉・・寄生虫のトキソプラズマが付着しているかもしれませんから、生肉も絶対に食べないようにしましょう。

●生卵・・殻にサルモネラ菌が繁殖していることがあるので、必ず十分に加熱して食べましょう。

●ナチュラルチーズ・・リステリア菌が付いている場合があるので、妊娠中はナチュラルチーズはやめて、プロセスチーズを摂るようにしましょう。http://www.beste-online-videoslots.nl/