強い雨の日や、突然の雨が降ったら携帯していると便利なレインウェアですが、レインウェアにも様々なタイプのものがあって、アウトドアでよく見かける上下セパレートタイプのものや身動きを邪魔しないポンチョタイプ、全身をじっくり雨から続けるレインコートタイプなどに分かれます。レインウェアを購入する時には、用途やシチュエーションを考えた上で選ぶことが大切です。

またレインウェアはデザインやわかりやすさによって値段も様々で、数千円のものから何万円するようなものまでものすごく違ってきます。ここでは、レインウェアを選ぶ際にポイントとなるわかりやすさについてまとめてみました。

本当にレインウェアは防水性が一番大切です。防水性は雨などの水分の侵入を防ぐ機能の事で、雨が降った時折、レインウェアが雨を通さない防水機能を発揮して雨から体が濡れるのを防いで貰える。防水性は、素材に1�p四方の水の柱を立て、裏側に染み出るまでの水の高さを測定する耐水圧で表されますが、レインウェアに使われている素材によって様々です。
日常取り扱うレインコートなら小雨程度を防ぐことはできても、大雨となると濡れてしまうということがあるかもしれません。防水性を考えてレインウェアを選びましょう。

透湿性はレインウェアの中の湿度を逃す機能を指します。雨を通さないナイロン100%のレインウェアを着用したときに、汗が不快だった経験をお持ちの方も多いはずです。透湿性がないウェアを着てしまうと、外部の雨を防ぐことはできても、内部からの汗が外へ止めることができず、湿気が溜まって蒸れてしまう。レインウェアを選ぶうえで透湿性は大切であり、着用ときのユーザビリティーに広く影響するものです。更に、レインウェアを着て運動量の多い動きを浴びる方は、尚更透湿性に注意して選ぶようにください。

撥水性はレインウェアが雨の水をはじく機能のことですが、雨をはじくためレインウェアに水が残らないので、雨がレインウェアに浸みにくくなります。
また、撥水性はメンテナンスしなければ落ちて仕舞うものなので、雨に濡れたレインウェアは、タオルで水を拭き取り、風通しの良いところで敢然と干す事をおすすめします。もう一度レインウェアが乾いたあとに撥水スプレーを使うのも撥水性を長持ちさせる一案だ。参照サイト