無論、与えた美容成分が蒸発しないように、ラップ効果も発動。外へと逃げださないようにフタをする働きも備わっているので、肌荒れも使えば使うほどに軽減されて、ハリやツヤを感じる、潤い肌へと変わっていきます。

●美容成分30種類●
肌成分もお伝えした、”皮脂”・”細胞間脂質”・”NMF”は、肌の保湿や角質層のバランスを整えて維持していく為に、実に重要な役割を担ってある。

こういうオールインワン化粧水は、先ほどもご紹介したように、肌成分と肌構造に着目して出来上がったコスメティックだ。
研究の結果、その為に必要となる美容成分は30種類。
こういう厳選に厳選を重ねて配合された成分によって、老化による皮膚の衰えや肌荒れにもアプローチやれる化粧水となったのです。
ハリやツヤ、そして透明感をもっと自分の肌に甦らせたいのならば、まず始める価値はあるかと思います。

ちなみに、肌成分のそれぞれの役割は以下の通りです。

【皮脂】
毛穴から浮き出る皮脂と、汗などの水分が相まって皮脂膜となります。こういう皮脂膜がある事で肌の潤いは維持していく事ができます。また皮膚の中に常に存在している皮膚常在菌というのがあり、これは外からの刺激から肌を守ってくれる存在だ。
皮脂を構成しているのは、スクワレン・ワックスエステル・グリセリド・脂肪酸だ。

【NMF】
天然保湿因子とも呼びます。これは、表紙細胞が交代によって、角質細胞へと変わっていく過程にて作成される、天然の保湿成分の事です。
肌を続けるバリア機能と、潤いに関与してある。
NMFを構成しているのは、アミノ酸・ミネラル・有機酸(クエン酸、乳酸)・ペプチド・尿素・PCA(ピロリドンカルボン酸)だ。

【細胞間脂質】
角質層と角質層の間には、水と油(脂質)が交互に重なってミルフィール状に形成されてある。これがラメラだ。
こういう細胞間脂質は、肌の中の水分を維持していく上で重要な働きをしています。必要な潤いを皮膚の中に留めておく事が出来る為、素晴らしい・健康的な肌を持続できます・
細胞間脂質を構成しているのは、セラミド・コレステロールエステル・脂肪酸・コレステロールだ。

【真皮割り当て】
肌の弾力やたるみ・シワに関わってある部分になります。肌の土台ともなります。
新皮は、新皮細胞が作っている、エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸で満たされてある。www.greyhoundstourbridge.co.uk